夏会期開幕まで

ART NAVI

2016.08.25 update.

Art Navi

会期についてSEASON

新着情報NEWS

プレスリリースPRESS RELEASE

トピックスTOPICS

2016.08.22

8 月27 日(土)、28 日(日) やなぎみわ「日輪の翼」高松港で公演!

瀬戸内国際芸術祭2016 公式イベントとして、8 月27 日( 土)、28 日…

2016.08.18

8/20(土)、8/21(日)、8/27(土)、8/28(日)「小豆島きもだめスイッチ」開催!

この島に夜の帳がおりる頃。港町坂手の小径に現るは。「スイッチ」を押すと「なに…

2016.07.25

注目のイベント、讃岐の晩餐会!

特別名勝栗林公園で、指輪ホテルによるパフォーマンス鑑賞と、県産食材を使った食事…

2016.07.18

作品鑑賞パスポートを手に島を巡ろう!

春・夏・秋の108日間利用できて、総額25,000円以上が含まれるおトクな作品…

2016.07.18

バリアフリー対応の作品について

瀬戸内国際芸術祭の作品の一部は、バリアフリーに対応しています。詳しくは添付の資…

2016.05.08

会期外における作品鑑賞パスポート(実券)への引き換えについて

瀬戸内国際芸術祭2016の「春会期と夏会期の間」及び「夏会期と秋会期の間」につ…

新着ブログBLOG


2016.08.12

by 実行委員会スタッフ

北川総合ディレクター ブログNo.10~瀬戸内国際芸術祭2016

お盆近くになって人の往来が盛んになった晴天、猛暑の瀬戸内海を巡る。ニブロールや切腹ピストルズを見、おいしい食事を摂る。打ち合わせや悩ましい会議もあるが、気持ちが良いので頭の中をいろいろな音楽が巡る。「瀬戸の花嫁」「岬めぐり」「七色の谷」「明日は月の上で」等。「あした〜月〜の上で♪」と唄うと、人は「大きな栗の木の下で」と勘違いするぐらい。僕が歌を唄うとまわりの人が笑ったり、止めろと言うので一人で口…

2016.08.06

by 実行委員会スタッフ

北川総合ディレクター ブログNo.9~瀬戸内国際芸術祭2016

高松に着くなり、こえび人手不足で「ISLAND THEATRE MEGI『女木島名画座』」の作品受付のショートリリーフに4時間、100人ほどのお客様に対応。その後、今日(8/6)から始まったオーストラリアの先住民族アボリジニーの100年前のキャニング牛追いルートを辿る「ワンロード|現代アボリジニ・アートの世界」のオープニングセレモニーに出席。素晴らしい展覧会です。それにしても、なぜアボリジニーの…

2016.08.01

by 実行委員会スタッフ

北川総合ディレクター ブログNo.8~瀬戸内国際芸術祭2016

この間、島を巡りました。晴天で真っ黒になり、眼鏡の跡がつく始末。それにしても海は明快です。万象のひとつひとつが己の存在をはっきりと示す。島も、鳥も、魚も、船も、家も。それぞれが光のなかに屹立し、輝く。万象は忘れ難く私の前にあらわれ、あなたの前に立ちあらわれる。そこに人は感応し、ゆたかに漂えるのだと思います。 そんななかでは、犬島の家プロジェクトは、今まで感じた以上に鮮やかでした。浅井裕介さ…

2016.07.29

by 実行委員会スタッフ

北川総合ディレクター ブログNo.7~瀬戸内国際芸術祭2016

今週の催事のお知らせです。まず、犬島での「MUDA鉄」。一風変わったダンスグループの公演、何をやってくれるか分からないのですが、昨年高見島でのパフォーマンスは、行った人たちの評判がすこぶるよかったのです。(金・土・日19時から) APAMS 2016(アジア・パフォーミング・アーツ・マーケット イン セトウチ2016)は第2弾。第1弾はとても面白く、アジア各地のパフォーマンスが高いレベルで…

2016.07.22

by 実行委員会スタッフ

北川総合ディレクター ブログNo.6~瀬戸内国際芸術祭2016

夏会期オープンの後、一日出張し瀬戸内に戻ってきました。作品はアーティストの頑張りで面白くなっていますが、いよいよパフォーマンス、イベント系に拍車がかかっています。 まずは「瀬戸内アジア村」のタイ・ファクトリー。タイのさまざまな地域の伝統工芸の職人さんたちが来て賑やかです。竹とココナッツを使ったカラフルなお面、バンコクの神像頭部につけられる動物や悪魔の絵付け、チェンマイの竹編籠、美しい傘、タ…

2016.07.19

by 実行委員会スタッフ

北川総合ディレクター ブログNo.5~瀬戸内国際芸術祭2016

芸術祭夏季版オープン、さらに梅雨明け。春にもまして多くの人々が海を渡り、島を巡っています。昨日は豊島のケグ・デ・スーザの海苔の家の式典と、知事主催の栗林公園での「讃岐の晩餐会」、女木島・男木島・豊島の作品チェック、今日はタイ王国文化大臣ウィラ・ローポチャナラットさん臨席の「瀬戸内アジア村」開村式、豊島でのボルタンスキーのトーク、リン・シュンロンの高松港「ゴバンノアシ」でのパフォーマンス、そしてタ…