よくある質問

後援・共催に関すること

後援・共催名義等の使用申請はどのようにするのでしょうか?
こちらから御確認ください。

作品鑑賞パスポートに関すること

作品鑑賞パスポートは何日間有効ですか?
春・夏・秋会期中はいつでも有効です。ただし、春会期と夏会期の間など、会期外はご使用いただけません。
作品鑑賞パスポートはどのように購入するのでしょうか?
各種コンビニ、プレイガイド等にて引換券を販売しております。ご来場の際に実券と引換ますので必ずお持ちください。
作品鑑賞パスポートとは何ですか?
屋内作品の多くは個別に鑑賞料を頂いていますが、作品鑑賞パスポートをお持ちであれば、受付スタッフへのご提示で、作品をご鑑賞できるものです。
作品鑑賞パスポートはどのように使うのでしょうか?
多くの屋内作品には受付スタッフがおりますので、受付スタンプを押してもらって鑑賞します。なお、屋外の自由鑑賞作品はご自身で押印いただきます。
作品鑑賞パスポートで全てのアート作品を鑑賞できますか?
一部の作品においては、別途料金をいただくところもあります。詳しくは作品鑑賞パスポートのページをご参照ください。
作品鑑賞パスポートを買わずに個別に鑑賞料を支払うと、いくらかかりますか?
総額で25,000円以上の鑑賞料が発生します。詳しくは作品鑑賞パスポートのページをご参照ください。
作品鑑賞パスポートと個別鑑賞料を支払うのではどちらがおトクですか?
一つの島で数カ所の作品のみご鑑賞いただく場合以外は、作品鑑賞パスポートのご購入をオススメします。高松港近くの専用駐車場が2回ほど無料になるなど作品鑑賞以外の特典もございますので、ぜひご検討ください。
作品鑑賞パスポートの実券は購入できますか?
会期中に限り、各インフォメーションセンターや各島の案内所、各作品受付で販売しております。
作品鑑賞パスポートの払い戻しはできますか?
払い戻しは承っておりません。あらかじめご了承ください。
子ども用の作品鑑賞パスポートはありますか?
中学生以下のお子様には、無償で子どもパスポートをお渡ししております。お近くのインフォメーションセンター、案内所スタッフまでお問い合わせください。
子ども用の作品鑑賞パスポートは作品鑑賞の際に必ず必要でしょうか。
中学生以下のお子様は、鑑賞料がかかりませんので必ずしも必要なものではありません。作品鑑賞パスポートと同様にスタンプラリーがお楽しみいただけますので、ぜひご利用ください。
作品鑑賞パスポートの高齢者割引、障がい者割引はありますか?
各種割引はご用意しておりません。あらかじめご了承ください。
作品鑑賞パスポートをなくしてしまいました。再発行はできますか?
再発行は承っておりません。あらかじめご了承ください。

公式ガイドブック・パンフレットに関すること

公式ガイドブックは必要でしょうか?
公式ガイドブックがなくともお楽しみいただけますが、作品鑑賞ガイドなど瀬戸内国際芸術祭に関する情報が詰まったものになりますので、ぜひお買い求めのうえご来場ください。
公式ガイドブックはどこで買うことができますか?
全国の書店、インターネット等にて販売されています。詳しくは各書店等へお問い合わせください。
無料のパンフレットはありますか?
瀬戸内国際芸術祭の概要をご紹介するパンフレットはございます。各会場にて開架しております。
無料のパンフレットを送付してくれませんか?
送付に関しては、送料をお客様にご負担いただいております。詳しくはお問い合わせください。
公式ガイドブックは日本語のみでしょうか?
日本語のほか英語のガイドブックをご用意しております。詳しくは各書店等へお問い合わせください。

高松・宇野へのアクセスに関すること

高松港に行く方法を教えてください。
香川県高松市にある高松港にお越しになるには、飛行機のほか、電車、夜行バスでのご来訪が便利です。高松港へのアクセスは高松空港からリムジンバスで約45分、高松駅からは徒歩5分です。
宇野港に行く方法を教えてください。
岡山県玉野市にある宇野港にお越しになるには、電車でのご来訪が便利です。宇野港へのアクセスは岡山駅から宇野駅まで電車で約1時間、宇野駅から宇野港まで徒歩1分です。
作品鑑賞の際、高松港・宇野港どちらが便利でしょうか?
高松港が最も充実しており、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島など多くの島に渡ることができます。宇野港からも直島、豊島、小豆島へ渡ることが可能です。
高松港・宇野港付近に車を駐車する場所はありますか?
港近くに有料のパーキングがございます。高松港に関しては作品鑑賞パスポートをお持ちのお客様に限り、2回まで無料でご利用できる駐車場がございます。詳しくはお問い合わせください。

船に関すること

自転車を島に持ち込むことはできますか?
フェリーであれば、別途料金を支払うことで持ち込みが可能です。高速船、旅客船には持ち込むことができません。
フェリーと高速船の違いを教えてください。
フェリーは大きな船で多くのお客様がご乗船できる船です。高速船はフェリーに比べて速く島に渡ることができますが、乗船定員が少なく、ほとんどの場合料金も高くなります。
船は混雑しますか?
瀬戸内国際芸術祭会期中は大変混み合いますので、乗船券のご購入にあたってはお時間に余裕をもってお越しください。
船の予約はできますか?
船会社によっては予約を受け付けているところもございます。詳しくは各船会社へお問い合わせください。
船の切符売り場の窓口はいつ空きますか?
概ね30分前に販売を開始いたします。
ペットを船に乗せることはできますか?
高速船には乗せることができません。フェリーの場合は、各船会社へお問い合わせください。

島内移動・島内バスに関すること

各会場に車イスはありますか?
インフォメーションセンターや主な案内所等には、車イスを設置しており、来場者の方がご利用いただけます。詳しくは総合インフォメーションへお問い合わせください。 TEL: 087-813-2244
レンタサイクルはどこで借りられますか?
大島、犬島、高見島、伊吹島以外の島には、港近くにレンタサイクルがあります。男木島など島によっては自転車での走行が不便なところもありますので、ご注意ください。
島内は徒歩移動でしょうか?
女木島、男木島、犬島、大島、沙弥島、高見島、粟島、伊吹島は徒歩移動で巡ることができます。その他の島も徒歩で巡ることができますが、島内バスやレンタサイクルとの併用をおすすめします。
島内バスの時刻表はありますか?
ガイドブックならびに公式ウェブサイトの作品ページにございますので、ご参照ください。なお、会期外の運行については各バス会社にお問い合わせください。
島内にタクシーはありますか?
直島、豊島、小豆島には島内タクシーがあります。このうち直島、豊島は運行台数が少ないためご注意ください。
ベビーカーの持ち込み、貸出はできますか?
一部の作品を除きベビーカーの持ち込みは可能ですが、作品によっては段差があるものがございますのでご注意ください。また貸出は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

フェリー乗り放題3日間乗船券に関すること

フェリー乗り放題3日間乗船券はどこで購入できますか?
各種コンビニ、プレイガイド等にて引換券を販売しております。ご来場の際に実券と引換ますので必ずお持ちください。
有効期間について教えてください。
芸術祭期間中の本券と交換した日から連続する3日間(交換日を含む)です。有効期間内であれば乗船回数の制限はありません。会期外にまたがっての利用はできません。
フェリー乗り放題3日間乗船券と個別乗船券を支払うのではどちらがおトクですか?
直島、豊島、女木島、男木島、小豆島を巡る予定で、かつ2~3島を巡る場合はフェリー乗り放題3日間乗船券のご利用をおすすめします。なお、高速船にはご利用いただけませんのでご注意ください。
本島、高見島、粟島、伊吹島など西の島ではフェリー乗り放題3日間乗船券を利用できますか?
西の島ではご利用できません。
高速船に使用はできますか?
高速船ではご利用できません。
フェリー乗り放題3日間乗船券の払い戻しはできますか?
船の欠航など例外を除き、払い戻しは承っておりません。あらかじめご了承ください。
フェリー乗り放題3日間乗船券の高齢者割引、障がい者割引はありますか?
各種割引はご用意しておりません。あらかじめご了承ください。
フェリー乗り放題3日間乗船券をなくしてしまいました。再発行はできますか?
再発行は承っておりません。あらかじめご了承ください。

旅程に関すること

1日でどのくらい巡れますか?
直島や小豆島のような大きな島は1島を、女木島、男木島のような小さな島なら2島を目安にしてください。
全ての島を巡るにはどのくらいかかりますか?
全ての島を巡るには概ね1週間が目安です。
日帰りなど短い滞在時間で楽しめますか?
日帰りや1泊2日でも十分楽しめます。船便の多い高松港、宇野港を起点にすると効率よくお楽しみいただけます。

宿泊に関すること

どこに泊まるのが便利ですか?
高松での宿泊が便利です。瀬戸内国際芸術祭会期中は大変混み合いますのでお早めにご予約下さい。なお、空室状況は各宿泊施設にお問い合わせください。
近くに温泉はありますか?
小豆島、高松、琴平に温泉施設があります。詳細は各温泉施設までお問い合わせください。

直島・豊島・犬島に関すること

島内を徒歩で巡ることはできますか?
直島、豊島ともに徒歩で巡るには広い島のため、島内バスとの併用をおすすめします。犬島は徒歩で巡ることができます。
車をフェリーに載せることはできますか?
直島、豊島については乗り入れ可能ですが、島内の道路が狭いほか積載可能なフェリーの運航が少ないため、島内でのご利用は不向きです。犬島については乗り入れ不可となっています。
夏休みなど混雑時でも作品を鑑賞することはできますか?
ベネッセアートサイト直島にて管理している地中美術館、豊島美術館など一部の作品は、混雑時に整理券を配布しております。整理券をお受け取りのうえ、ご鑑賞をお願いいたします。
作品の休館日はありますか?
直島は原則月曜日、豊島・犬島は原則火曜日が休館日となっています。祝日等で変更となる場合もございますので、詳しくはお問い合わせください。
島内に飲食店はありますか?
直島は飲食店が多数あります。豊島、犬島は数が少なく混み合う場合がございますので、あらかじめご了承ください。
荷物を預けられる場所はありますか?
港周辺にて手荷物預かりを行っております。詳しくはお問い合わせください。

女木島・男木島に関すること

島内を徒歩で巡ることはできますか?
女木島、男木島はほとんどの作品を徒歩で巡ることができます。
車をフェリーに載せることはできますか?
乗り入れは可能ですが、島内の道路が狭いため島内でのご利用は不向きです。
島内に飲食店はありますか?
女木島、男木島ともに飲食店はありますが、大変混み合いますのでご注意ください。
荷物を預けられる場所はありますか?
港周辺にて手荷物預かりを行っております。詳しくはお問い合わせください。

小豆島に関すること

島内はどのように巡ればいいでしょうか?
小豆島は大きな島ですので、レンタカーや島内バスでの周遊をおすすめします。
車をフェリーに載せることはできますか?
小豆島行のフェリーへの乗り入れは可能です。車載料金は各船会社へお問い合わせください。
島内に飲食店はありますか?
小豆島には飲食店やコンビニ、小売店など多数ございます。
島内に宿泊施設はありますか?
小豆島は、旅館やホテルなど多数ございます。空室状況は各宿泊施設にお問い合わせください。
芸術祭以外に観光地はありますか?
オリーブ公園や寒霞渓、銚子渓、醤の郷、二十四の瞳映画村などがございます。詳しくは小豆島観光協会にお問い合わせください。

沙弥島・本島・高見島・粟島・伊吹島に関すること

島内を徒歩で巡ることはできますか?
本島を除き、ほとんどの作品を徒歩で巡ることができます。本島は島内バスのご利用をおすすめします。
車をフェリーに載せることはできますか?
本島のみ船での乗り入れは可能ですが、島内の道路が狭いため島内でのご利用は不向きです。沙弥島は陸続きですが、生活道路のため、乗り入れはご遠慮ください。その他の島は車両積載ができませんので、ご注意ください。

高松に関すること

港周辺に飲食店はありますか?
飲食店のほかコンビニがあります。
繁華街までは港からどの程度かかりますか?
徒歩で15分程度のところに丸亀町商店街という繁華街があります。
讃岐うどんの美味しいお店はありますか?
丸亀町商店街という繁華街のほか、市内に多数ございます。詳しくは香川県観光協会ウェブサイトなどをご参照ください。
お土産を買えるところはありますか?
高松港近くの公式ショップにてお取り揃えしておりますのでご利用ください。

宇野に関すること

港周辺に飲食店はありますか?
飲食店のほかコンビニがあります。
お土産を買えるところはありますか?
宇野港近くの公式ショップにてお取り揃えしておりますのでご利用ください。

撮影に関すること

写真撮影は可能ですか?
ほとんどの作品は写真撮影が可能です。商用目的の場合は、プレス向けページより取材申込を行った上で撮影してください。また、地域の住民の皆さまのご迷惑になるような撮影はご遠慮ください。
ドローンによる撮影は可能でしょうか?
ドローン等の「無人航空機」については、瀬戸内国際芸術祭開催期間中、落下等による事故や来場者の作品鑑賞の妨げになる恐れがあることなどから、各会場周辺での飛行自粛をお願いいたします。また、「無人航空機」による芸術祭作品の撮影、インターネット等での公開もお控えください。

プレス、旅行代理店に関すること

作品画像の貸出は行っていますか?
瀬戸内国際芸術祭実行委員会では、作品写真の貸出を行っております。「プレス向け」ページに申込フォームがございますので、お気軽にお問い合わせください。
報道発表資料はありますか?
「プレス向け」ページにて過去にプレスリリースした内容をまとめておりますので、ご参照ください。
取材を行いたいのですが、手続きは必要ですか?
瀬戸内国際芸術祭の取材をご希望の方は「プレス向け」ページの取材申込フォームよりお申込ください。広報担当よりご連絡いたします。