アーカイブ

2018.04.26 瀬戸内国際芸術祭2019開幕までちょうど1年になりました

瀬戸内国際芸術祭2019は来年4月26日から、12の島と2つの港を舞台に開催します。
会期は、過去2回と同じく、温帯地域の弧状列島である日本の大きな特徴である「四季」を海外の人々に知ってもらうため、春・夏・秋の3シーズンに分けて開催します。今回からはじめて各会期にシーズンテーマを設定し、会期ごとの特徴を際立たせます。
「ふれあう春」春会期 4月26日~5月26日
「あつまる夏」夏会期 7月19日~8月25日
「ひろがる秋」秋会期 9月28日~11月4日

また、重点的な取組みの視点として
「みつける―瀬戸内に光る『モノ』『コト』『ヒト』の発掘と発信」
「つながる―人と人、島と島、地域と世界の交流」
「はぐくむ―島の『滞在』を彩る担い手の育成」
の3つを掲げ、それぞれの視点に基づき
「ものづくり発信プロジェクト」
「アジア交流プロジェクト」
「瀬戸内フラム塾」
の3プロジェクトを重点プロジェクトとして実施します。

さらに、地域とのつながりを一層強めていけるようなアートプロジェクトを展開するとともに、過去の芸術祭で蓄積されたアート作品を、会場ごとの特色を踏まえより一層発展させます。

瀬戸内国際芸術祭2019実施計画

瀬戸内国際芸術祭2019参加アーティスト(第1弾)

瀬戸内国際芸術祭2010・2013・2016総括報告書

BACK
一覧表示
NEXT